視力回復:レイシックの基礎知識
HOME 視力回復:レイシックとは

レイシック問題点

視力回復手術方法

レイシックよくある質問

レイシック眼科リンク
メールセミナー
視力回復:レイシック基礎講座
お名前(HN可):

メールアドレス:

視力回復:レイシック新着情報
視力回復:レイシックBlog
お問い合わせ
会社概要
特定商取引法

レイシックよくある質問

レイシックの安全性について

<Q> 近視のもどりはいつくらいからおこりますか?

<A> 1年以内がほとんどです。それ以上経過すると安定してきます。


<Q> 術後の後遺症はありますか?

<A> 直後は、ゴロゴロ感や眼が乾くと言った症状を感じる事があります。夜間に光がにじんで見えたり(ハロー)、まぶしく感じたり(グレア)することがありますが、時間の経過とともに改善します。


<Q> 失明することはありませんか?

<A> 角膜の表面に行う手術なので、眼球内部には、一切治療を施しません。これまでに世界でもLASIKで失明したという報告はありません。


<Q> 合併症が気になるのですが?

<A> 
【一般的な合併症】
●ぼやける
手術直後は全体的にぼやけてやや見えにくい状態になります。手術直後に少し近くが見えにくくなることがありますが、徐々に改善します。また、年齢が高く、近視、乱視の強い場合には、視力が安定するまでに1〜2ヶ月を要することがあります。
●ドライアイ
手術後2、3ヶ月は、眼が乾燥しやすい状態になります。これはLASIKでフラップをつくるときに神経が切断されるために起こります。神経が再生してくれば手術前の涙の状態までに戻りますが、その間ドライアイ治療の目薬を点眼していただきます。※ただし、この目薬はドライアイを治療するものではありませんので、もともとドライアイのあった方では手術前のドライアイが消失することはありません。
●結膜下出血(白目の出血)
フラップを作るときにマイクロケラトームという器機を眼に強く固定します。このとき結膜(白目の部分)の血管が傷ついて出血し、赤くなってしまうことがあります。出血は1〜2週間で自然に消失します。
●異物感・しみる感じ・痛み
手術当日に異物感やしみる感じがまれにありますが、その日のうちにほとんどなくなります。
【ごくまれに発生する合併症】
●視機能の低下(見え方の質の低下)夜間の見にくさ・にじみ
レーザーの照射径をやや小さくすると(近視・乱視が強かったり角膜の厚みが少ない方)まれに、光が少々にじんで見えたり、まぶしかったり、また、明るい場所に比べて暗い場所(または夜間)では、視力の低下を感じることがあります。通常これらの病状は、手術後半年の時点でほとんどの方が改善または消失します。
●近視への戻り
手術を行う前と同じ視力に戻ることはありませんが、0.5〜0.8程度の弱い近視の状態で視力が安定することがあります。以前のように、メガネ・コンタクトが無ければほとんど見えないという状況ではなく、日常生活では、裸眼で生活することが可能です。手術後、通常レーシックで最低3ヶ月、EPI-LASIK・PRKで最低半年程度お待ちになれば、角膜や視力も安定してきていますので、その時点で、足りない視力を再手術によって補うことが可能です。
●感染
角膜上皮が完全に修復するまでの間に、傷口から細菌が侵入して、感染症を起こす可能性があります。細菌が眼に入らないように充分に注意してください。軽度の場合は、充血や視力の低下などの自覚症状があり、目薬で治療することができます。約1ヶ月程度で完治します。
●上皮欠損
手術中に角膜の表面の上皮が一部むけてしまうことがあります。高齢の方や以前に角膜にキズをつくった方に起こりやすい傾向があります。ほとんどの場合、医療用コンタクトレンズの装用や点眼治療などで治りますが、視力の回復にやや時間がかかることがあります。
●フラップの位置ずれやしわ
手術後早期に、眼をぶつけたり、強くこすったりするとフラップがずれたり、しわができたりする可能性があります。数日以内に整復すれば、ほとんどきれいに治りますが、長い間放置しておくと元に戻らず、視力の低下の原因となります。
●層間角膜炎DLK: Diffuse Lamellar Keratitis
手術後1日から1週間で発症するフラップの下の炎症です。ほとんどの場合、点眼や内服の治療で治りますが、非常にまれに悪化することがあり、この場合フラップ下の洗浄が必要になります。
●上皮迷入(epithelial ingrowth)
本来は角膜の表面を覆っている上皮細胞が、フラップの下に入り込んでしまう合併症です。まれに進行し、その場合はフラップ下の洗浄が必要になります。
●手術の延期
ごく稀に、角膜にフラップ(レーシックで作成する薄い蓋)を作成するとき、厚みが均一にできず、わずかな段差ができたり、フラップ表面に穴があいてしまう場合があります。このような場合は、レーザーをあてないで、作成したフラップを角膜に戻し、手術を一旦延期します。このことによって、手術前の視力より悪くなることはほとんどなく、見え方は手術する前とあまり変わりません。再び角膜が安定するのを待ち(通常レーシックで最低3ヶ月、EPI-LASIKで最低半年)再手術します。再手術後は、目標視力に回復することができます。
●角膜混濁(ヘイズ)
角膜の表面が、白くにごって見えるため、すりガラスを通すような見え方になり、視力が上がらない状態です。(レーシックではほとんどおこりません。EPI-LASIKやPRKの治療後に起こる症状です。)目薬によって治療を行います。点眼をしていただくことで、にごりは改善し、視力も回復していきますのでご安心ください。極まれに、にごりが強く出てしまうケースでは、レーザーでその表面のにごりの部分を取り除く治療を行うこともありますが、にごりを取ることで、視力は回復し、本来の目標視力に戻っていきます。
●角膜表層炎
ドライアイ等による眼の表面の乾燥が主な原因で、瞬きによって、角膜表面に点状の傷が多数できてしまう状態となり、視力が低下するケースです。コンタクトレンズでもよく起こる症状です。角膜表面の細かな傷は、回復スピードも早いため、目薬の点眼によって早期に回復します。涙の量が少なく、乾燥感が強くでている場合には、ドライアイの治療を別途行います。(眼に涙をためるための涙点プラグの挿入や特殊な目薬の処方を行います。)これらの対応により治療することが可能です。
●不正乱視
角膜表面にわずかな凸凹ができることによって、光が乱反射して二重・三重にものが見え、メガネでも矯正ができない状態です。このようなケースでは、角膜表面にできた凸凹を取り除くことで、乱反射を押さえ、ダブりを取ることができます。角膜が安定する時期まで待って(通常レーシックで最低3ヶ月、EPI-LASIK、PRKで最低半年)凸凹をとるための再手術を行います。
●角膜拡張(ケラトエクタジア)
手術後に角膜が薄くなりすぎたことが原因で、眼の圧力によって、角膜が前方に突出し、強い乱視や近視の症状が現れる合併症です。軽度の場合はハードコンタクトでの矯正となります。強度の場合でハードコンタクトレンズを付け続けることが難しく、矯正視力が出ない場合は、角膜移植が必要となる場合がございます。


HOME 視力回復:レイシックとは

レイシック用語集

視力回復手術方法

レイシックよくある質問

レイシック眼科リンク
Copyright (C) 2006 視力回復:レイシックの基礎知識 All Rights Reserved