視力回復:レイシックの基礎知識
HOME 視力回復:レイシックとは

レイシック問題点

視力回復手術方法

レイシックよくある質問

レイシック眼科リンク
メールセミナー
視力回復:レイシック基礎講座
お名前(HN可):

メールアドレス:

視力回復:レイシック新着情報
視力回復:レイシックBlog
お問い合わせ
会社概要
特定商取引法

レイシック手術方法

ウェーブフロントレーシック

これまでは不可能だった細かな高次収差(歪み)を解析し、イントラレーシックやレーシック、エピレーシック/ラセックで矯正する、さらに高度な視力回復手術です。これにより矯正精度がさらに高められ、同じ視力でもよりクッキリと見えるなどの「見え方の質の向上」が期待できます。

ウェーブフロントアナライザーという検査機器を用い、光が持つ波としての性質を利用し、眼球全体を波面(Wavefront)として捉え、それを波面解析(Wavefront Analysis)技術によって眼光学的に解析します。これにより、近視や乱視よりも次元の高い「収差」を検出することが可能になりました。このウェーブフロントアナライザーと直接データをリンクさせて、高次収差を無くすようエキシマレーザーを照射するのが、Wavefront-guided LASIK。つまり通称ウェーブフロントレーシックです。

 <出展:神奈川クリニック>

 

HOME 視力回復:レイシックとは

レイシック用語集

視力回復手術方法

レイシックよくある質問

レイシック眼科リンク
Copyright (C) 2006 視力回復:レイシックの基礎知識 All Rights Reserved