視力回復:レイシックの基礎知識
HOME 視力回復:レイシックとは

レイシック問題点

視力回復手術方法

レイシックよくある質問

レイシック眼科リンク
メールセミナー
視力回復:レイシック基礎講座
お名前(HN可):

メールアドレス:

視力回復:レイシック新着情報
視力回復:レイシックBlog
お問い合わせ
会社概要
特定商取引法

レイシック手術方法

エピレーシック:Epi-LASIK

エキシマレーザーを角膜に照射して屈折を矯正する視力回復手術です。
角膜は5層構造で成り立っていますが、一番外側は角膜上皮と呼ばれる組織です。(厚みは約50〜60マイクロメートル前後)この角膜上皮をエピケラトームと呼ばれる新しい器機によって安全に剥離して、レイシックと同じような蓋(フラップ)を作成します。
そのため、従来のレイシックと比べ、格段に薄いフラップを作成できるようになりました。
それによってフラップ作成後の残りの角膜をたくさん残すことができ、これまで、PRKしか手法がなった方もエピレーシックを行うことで、従来のPRKに比べ術後の痛みを軽減でき、視力の回復も早まることが期待できるようになりました。

 <出展:神戸クリニック,神奈川クリニック>

 

HOME 視力回復:レイシックとは

レイシック用語集

視力回復手術方法

レイシックよくある質問

レイシック眼科リンク
Copyright (C) 2006 視力回復:レイシックの基礎知識 All Rights Reserved