視力回復:レイシックの基礎知識
HOME 視力回復:レイシックとは

レイシック問題点

視力回復手術方法

レイシックよくある質問

レイシック眼科リンク
メールセミナー
視力回復:レイシック基礎講座
お名前(HN可):

メールアドレス:

視力回復:レイシック新着情報
視力回復:レイシックBlog
お問い合わせ
会社概要
特定商取引法

レイシックの歴史

屈折矯正手術の歴史は1969年までさかのぼります。
世界中の眼科医がその夢を叶えようと様々な研究が繰り返されてきました。
  • 1975年 エキシマレーザーが開発されてからは飛躍的に進歩
  • 1983年 アメリカのTrokelによって初めて屈折矯正手術に対して使用
  • 1985年 ドイツのSeilerによって臨床応用へと発展
  • 1988年 アメリカでPRKが始まる。
  • 1990年 ギリシャでLASIKが始まる。
  • 1995年10月 アメリカにおいてFDA(アメリカ食品医薬品局)がエキシマレーザーを認可

PRKが主流となっていた1996年〜1997年前半は、症例数も少なかったのですが、1997年後半よりLASIK手術が広まり、驚異的な伸びを示すようになりました。

1999年から症例数は飛躍的に伸びていて、2005年アメリカでは、130万症例を超すレーザー屈折矯正術(LASIK)が行われています。アジアの中でも韓国では、早くからエキシマレーザーが導入されており、台湾、シンガポール、そして国産のエキシマレーザーを開発した中華人民共和国でもPRK、LASIKが、行われ始めました。

 <出展:神戸クリニック>

 

HOME 視力回復:レイシックとは

レイシック用語集

視力回復手術方法

レイシックよくある質問

レイシック眼科リンク
Copyright (C) 2006 視力回復:レイシックの基礎知識 All Rights Reserved