レイシックの基礎知識
HOME レイシックとは

レイシック問題点

視力回復手術方法

レイシックよくある質問

レイシック眼科リンク
メールセミナー
レイシック基礎講座
お名前(HN可):

メールアドレス:

レイシック新着情報
レイシックBlog
お問い合わせ
会社概要
特定商取引法

レイシックとは

レーシック(LASIK:Laser in Situ Keratomileusis)は、目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する手術。

マイクロケラトームとよばれる機械で角膜の表面を薄く削りフラップ(ふた状のもの)を作り、めくる。そこにエキシマレーザーを照射し、角膜の一部を破壊し除去する。その後フラップを元に位置に戻し、フラップが自然に接着するまで(約2〜3分)待つ。

角膜中央部が薄くなるため、角膜の曲率が下がり(凹レンズを用いたのと同じ効果)、近視が矯正される。また、検眼のデータをもとにレーザー照射を調節することで乱視も矯正可能である。

ギリシャ語でKeratosは「角膜」、Mileusisは「修正する」という意味。
LASIKとは、レーザーで角膜を修正するということ。
実際の手術には、エキシマレーザーが使用され、角膜の形状を変えることによって 屈折率を変化させ、視力を回復させる方法である。

<出展:wikipedia>


 
ぬくもりワークス
久田恒夫
メール info@nukumori1.com

HOME レイシックとは

レイシック用語集

視力回復手術方法

レイシックよくある質問

レイシック眼科リンク
Copyright (C) 2006 レイシックの基礎知識 All Rights Reserved